歯をキレイに整える|目立ちにくい裏側矯正の魅力

歯の模型

こっそりできる矯正

レントゲン

人気の見えない矯正

出歯や受け口、凸凹の歯並びを綺麗に整えるには、歯に器具をつけて動かす必要があります。歯につける器具のことを矯正装置といいます。昔は歯に金属でできたワイヤーを巻きつけて矯正をするのが普通でした。しかし、最近はワイヤーを裏側につける裏側矯正や、透明なマウスピース矯正などが人気です。裏側矯正では歯の裏側にリンガルブラケットという金属の器具をつけます。マウスピース矯正では歯の形にあったオーダーメイドの透明な医療用マウスピースを取りつけます。どちらも見た目でほとんどわからないのが魅力です。金属製のワイヤーを歯の表につけるとギラギラして目立ちますが、裏側矯正やマウスピース矯正は気づかれないで矯正できます。

二つの違い

裏側矯正とマウスピース矯正、どちらも目立たない矯正装置ですが、それぞれで特徴が異なります。まず矯正ができる歯並びですが、裏側矯正のほうが広く、マウスピース矯正は限られます。歯の凸凹具合が大きかったり、歯と歯が重なっていたりする症状は、マウスピース矯正はできないことが多いです。また、裏側矯正は抜歯をしないでできることが多いですが、マウスピース矯正は抜歯をしないとダメなケースが多いようです。マウスピース矯正で使うのはプラスチックなので、金属アレルギーの人でもできます。裏側矯正は金属アレルギーの人はできない場合があります。マウスピース矯正は1日17時間の装着時間を守れば、あとは自由に取り外しができます。

口臭を改善する方法

歯

口臭は口の中に潜んでいる細菌や舌の汚れが原因になります。上石神井の歯科医院では歯周ポケットに潜んでいる細菌を次亜塩素酸電解水で殺菌し、口臭を抑えられます。上石神井の歯科医院では舌磨きの指導も受けられ、口臭の原因になる舌苔を除去することができます。

読んでみよう

歯列を整える理想的な方法

歯磨き

インビザラインは透明なマウスピースを装着することから目立たない歯列矯正の治療です。且つ、インビザラインは自由に取外しが可能になる為に大阪でも人気が高まりつつあります。しかし、装着時間が短くなりがちである為に注意する事が必要です。

読んでみよう

知覚過敏の治療

女性

歯がしみる場合は知覚過敏の可能性があります。市川で知覚過敏の症状で悩んでいる方ははやめに治療を開始するようにしましょう。市川の歯科ではコミュニケーションを重視した診察を行っています。そのため患者にも歯を痛めてしまう原因が分かりやすいと好評です。

読んでみよう