歯をキレイに整える|目立ちにくい裏側矯正の魅力

歯のチェック

知覚過敏の治療

女性

早期治療が大切です

冷たい水を飲んだり食べ物を噛んだ時に歯がズキズキと痛むような場合には、知覚過敏の可能性があります。知覚過敏とは歯磨きの際に強くブラッシングしたことにより、歯のエナメル質が薄くなってしまい少しの刺激で歯にしみるような痛みが生じる症状のことです。知覚過敏の場合には市販のフッ素剤入りの歯磨き粉を使用すれば症状が緩和することもありますが、歯周病や虫歯を併発している可能性もあるので歯科でしっかりと診察を受けることが大切です。知覚過敏は早期に治療を開始すれば症状を緩和することができます。治療を開始するまでに時間がかかればかかるほど症状が重くなってしまうので、知覚過敏の症状に気付いたときは早期に歯科で診察を受けるようにしましょう。

クセを知ることが大切です

市川の歯科では知覚過敏の治療に力を入れています。知覚過敏の治療では、まず口腔内の入念なチェックを行います。虫歯や歯周病などがある場合にはこれらの症状を改善することが大切になるので、同時に治療を行うよう患者に働きかけています。虫歯や歯周病などの症状が見られない場合には、知覚過敏が生じている歯に薬剤によるコーティングなどを行い対処します。知覚過敏の初期の段階であれば薬を塗布して歯を守っている間に、エナメル質の再石灰化によって自然に回復することも期待できます。また知覚過敏の原因が歯ぎしりなどにあると考えられる場合には、マウスピースの作製なども行って治療します。眠る際にマウスピースをはめることで歯への負担を減らすことができれば、知覚過敏の症状が悪化することを防ぐことができます。市川の歯科では患者の知覚過敏の原因をしっかりと究明するため、患者との対話を重視した診察を行っています。そのため歯を傷つけてしまう自分のクセなどを理解できると患者にも好評です。市川で知覚過敏の症状で悩んでいる方は、市川の歯科で診察を受けてみましょう。